活動について

開発途上国の環境対策企画推進支援

環境基礎情報収集調査

OECC会員から構成される技術部会は、毎年環境分野の協力拡大が見込める開発途上国に調査団を派遣し、開発途上国の環境保全対策の企画支援を目指して調査を企画・主催しています。調査団員はOECC会員に公募し、選定された団員は、事前に文献調査を行ったうえで、現地における環境基礎情報収集調査を実施しています。具体的には、自然環境、生物多様性、大気・水環境、廃棄物管理、環境社会配慮といった分野について、相手国環境省、環境関係省庁、国際ドナー機関等からヒアリングを行い、環境関連施設、サイト等を視察しています。また、調査期間中には、相手国政府と共催で環境管理に関する公開セミナーを開催し、相手国政府・自治体から環境管理に関する複数の講演があるほか、日本側からも、公害克服の経験・環境管理政策・環境対策を紹介し、環境保全対策の重要性を深く理解してもらうことに努めています。この公開セミナーでは、調査団員も課題解決事例を紹介しています。
調査実施後は、報告会の開催、報告書の制作、発行を通して、調査結果を会員間で共有しています。

実施年/月 調査対象国 参加会員数
2016年09月 スリランカ民主社会主義共和国 9会員 11名
2015年12月 カンボジア王国 9会員 11名
2014年11月 ネパール連邦民主共和国 5会員 7名
2013年09月 ミャンマー連邦共和国 9会員 10名

2015年カンボジア調査団浅井戸の水質簡易検査の様子

2015年カンボジア調査団
浅井戸の水質簡易検査の様子

2016年スリランカ調査団キャンディ市役所訪問

2016年スリランカ調査団
キャンディ市役所訪問