中国環境情報コーナー

中国地図

2015

2014

2015

4月号

国(国務院、環境保護部における)の環境政策の動き

  1. 新しい電力改革案が発表、市場化取引の仕組みが整備される
  2. 環境保護部は保定市と会談を行い、白洋淀の環境を改善するよう求めた
  3. 環境保護部は北京六里屯ゴミ処分場の浸透液不法排出事件の調査に着手
  4. 「環境保全の一般参加に関する条例(試行)」が公開意見聴取を始める
  5. 農業部は「一抑制、二削減、三基本」で農業面源負荷を改善
  6. 環境保護部は去年の行政処罰と環境犯罪事件の移送状況を通達
  7. 国務院は「水汚染防止行動計画」を発布
  8. 全国原子力発電安全の監督状況につき、メディア交流会が開かれる
  9. 「2015年度循環経済推進計画」が発布される
  10. 国務院弁公室は「2015年度政府情報公開活動要点」を発布

地方(地方政府等における)の環境情報

  1. 北京、上海、広州、深センなど、9都市の最大汚染源を公表
  2. 北京市はスモッグ観測、予報、注意報などの業種別基準を制定する予定
  3. 上海市は「三水アクションプラン」の事業リストを確定、五年後に基準を満たす水質を78%に
  4. 浙江省は率先して、紡績業の大気基準を制定
  5. 福建省ショウ州市でPX(p-Xylene)事業が爆発、汚染物質は検出せずと発表
  6. 湖北省の年間炭素取引量は全国最高となり、成約総量は1186万トンにのぼる
  7. 大気汚染など不法行為の摘発に対し、最高5万人民元の褒賞を北京市が規定
  8. 河北省は農村生活排水基準を制定

その他の環境記事

  1. 最高裁は環境資源司法理論研究拠点を設立
  2. 四川省威遠県でガス・コンデンセートのオーバーフロー事件で、環境保護局長が停職処分、企業代表者が拘束される
  3. クリーンエネルギー産業が去年76億人民元の投資を吸収

環境以外の重要なニュース

  1. アジア投資銀行の創設メンバーが47カ国にのぼり、オーストラリアも参加を表明
  2. アジア投資銀行は創設メンバーを発表、準備開始の重要時期に

OECCからのメッセージ

OECC事業案内

OECC会報 電子ブック

会員交流ひろば

Powered by OECC

  • 新メカニズム情報プラットフォーム
  • 京都メカニズム情報プラットホーム
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第3版)。
国内における適切な緩和行動(NAMAs)策定に関する事例を紹介しています。
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第2版)。
NAMAガイドブック
OECCが環境省委託事業で作成した、途上国政府関係者向けのガイドブック(初版)。
エコアクション21
環境活動レポート
熱中症予防 声かけプロジェクト
OECCは熱中症予防 声かけ
プロジェクトの賛同会員です
経済センサス‐活動調査キャンペーン