気候変動対策認証センター

気候変動対策における第三者認証を推進

気候変動対策認証センターは、第三者認証の実施により気候変動対策事業の透明性や信頼性を向上していくことを目指して、平成20年10月に設立されました。

オフセット・クレジット(J-VER)制度の運営

カーボン・オフセットに係る第三者認証及びラベリングスキームの運営

「オフセット・クレジット(J-VER)」とは、環境省オフセット・クレジット(J-VER)制度に基づいて発行される自主的な温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトから生じた排出削減・吸収量を指します。同制度の設計は環境省による「カーボン・オフセットに用いられるVER(Verified Emission Reduction)の認証基準に関する検討会」において行われました。
同制度では、「オフセット・クレジット(J-VER)」プロジェクトを申請し、同制度に基づいた検証等を受けることによって、「オフセット・クレジット(J-VER)」プロジェクトとして認証を受け、クレジットの発行を受けることができます。発行された「オフセット・クレジット(J-VER)」はカーボン・オフセット等に活用が可能で、市場における流通が可能となります。これまで費用的な問題で温室効果ガスの削減を実施できなかった事業者や、管理が必要な森林を多く所有する地方自治体等にとっては、温室効果ガス削減プロジェクトの費用の全部や一部を、「オフセット・クレジット(J-VER)」の売却資金によって埋め合わせることが可能となります。オフセット・クレジット(J-VER)の創出は結果的に、プロジェクトベースの自主的な排出削減・吸収の取組を促進することになり、国民運動として進められている「低炭素社会形成」を促す原動力となります。
当センターは、同制度における意思決定機関として設計されたオフセット・クレジット(J-VER)制度認証委員会、オフセット・クレジット(J-VER)制度運営委員会、技術小委員会の事務局やオフセット・クレジット(J-VER)登録簿管理業務等を担い、同制度の認証・運営業務全体のサポートを行います。オフセット・クレジット(J-VER)制度は諸外国からも模範的な制度として注目を集めており、同制度に準拠した制度構築を進めている国も増加しつつあります。

カーボン・ニュートラル認証制度の運営

「カーボン・ニュートラル」とは、カーボン・オフセットを更に深化させ、事業者等の事業活動等から排出される温室効果ガス排出量の全部を他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)する取組です。「カーボン・ニュートラル認証制度」は、平成23年9月に創設され、環境省が策定した認証基準に基づいて、カーボン・ニュートラルの取組を行う事業者等に対し、「カーボン・ニュートラル認証」を付与する制度です。さらに、「カーボン・ニュートラル認証」に至るまでの手続が計画期間内に完了する計画(体制)が適切であることを確認し、登録する「カーボン・ニュートラル計画登録」の仕組みを設けており、これから取り組もうとされている事業者等に対しても、その取組の活性化を促しています。認証のための要求事項等は「カーボン・ニュートラル認証基準」に定め、事業者等にとって取り組みやすく、また市民から見て分かりやすく信頼性が確保され、もってカーボン・ニュートラルの取組が広く普及することを目指しています。同制度においては、基本文書等の制定及び改廃に係る審議等を行う運営委員会、カーボン・ニュートラルの取組及び計画の認証を行う認証委員会、さらに第三者的な立場として運営委員会及び認証委員会の行う業務の監督や利害関係者からの苦情等の受付・審議を行う監督委員会を設置しています。当センターは、制度事務局として制度運営における問題点の抽出や円滑化な認証手続きの実施に尽力し、カーボン・ニュートラルの取組の普及や質的向上を目指しています。

カーボン・オフセット認証への協力

カーボン・オフセットの取組に対して諸外国においては、排出削減量クレジットのダブルカウントや実態のない排出削減量クレジットの取扱い等の不正問題が発生していることから、カーボン・オフセットの取組を検討している国内事業者等からは、オフセット・プロバイダーに対する情報公開等が求められてきました。また、平成20年度に開催されたカーボン・オフセットフォーラム(J-COF)の課題別ワークショップ「カーボン・オフセットに係る透明性の確保並びに第三者認証及びラベリング」の検討等においてカーボン・オフセット認証における基準が策定されました。そのような状況のもと、当センターは平成21年4月以降、カーボン・オフセット認証等に必要な知見蓄積を目的に、環境省への施策協力のための自主事業としてカーボン・オフセット認証制度を運営してきました。一方、2011年10月に「我が国におけるカーボン・オフセットの取組活性化について(中間とりまとめ)」(環境省)において、カーボン・オフセット認証を行う認証主体の多様化と質の確保について指摘がなされ、環境省は多様な認証主体を想定したカーボン・オフセット認証に係るプログラムを整備することとなり、環境省のプログラムが本格的に稼働した時期を見極め、カーボン・オフセット認証制度は終了いたします。

OECCからのメッセージ

OECC事業案内

OECC会報 電子ブック

会員交流ひろば

Powered by OECC

  • 新メカニズム情報プラットフォーム
  • 京都メカニズム情報プラットホーム
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第3版)。
国内における適切な緩和行動(NAMAs)策定に関する事例を紹介しています。
NAMAガイドブック
途上国政府関係者向けのガイドブック(第2版)。
NAMAガイドブック
OECCが環境省委託事業で作成した、途上国政府関係者向けのガイドブック(初版)。
エコアクション21
環境活動レポート
熱中症予防 声かけプロジェクト
OECCは熱中症予防 声かけ
プロジェクトの賛同会員です
経済センサス‐活動調査キャンペーン