キーワード

モントリオール議定書:オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書(The Montreal Protocol on Substances that deplete the Ozone Layer)

「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」は、オゾン層保護のためのウィーン条約に基づき、オゾン層を破壊する物質の特定を行い、該当する物質の生産及び消費の制限を行うことを目的としており、具体的にはフロン類の規制を定めています。

また、フロン類の中にはオゾン層破壊物質を有し、尚且つ地球温暖化係数(GWP)が高い物質もあることから、オゾン層破壊防止を進めるモントリオール議定書と気候変動対策を進める京都議定書・パリ協定の2つの国際枠組みによって、規制が図られています。

2016年10月には、代替フロンを新たに議定書の規制対象とする改正提案(キガリ改正)が採択され、モントリオール議定書上の取組においても、GWPが高い代替フロンの対策が今後進められることとなっています。

参考サイト

【OECCの活動】

環境省地球環境局「途上国におけるフロン類対策に関する意見交換会」委員
JICA技術協力プロジェクト「NAMA計画及び策定支援プロジェクト(気候変動緩和策に関する技術評価)」

【オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の概要】

【導入を検討する場合】