OECCについて

環境インフラの戦略的海外展開

2018年5月18日

今回のシンポジウムでは、昨年7月に環境省が発表した「環境インフラ海外展開基本戦略」に焦点をあてて、国内の有識者を中心に集中的な議論を行いました。

この分野の海外協力については、今後更なる発展が期待される領域であることから、国内外の高い関心が寄せられていることもあり、OECC会員企業・団体からも多数の参加者を得て熱心な議論が繰り広げられました

今回のシンポジウムでは、環境省高橋地球環境審議官による基調講演に続き、パネル・ディスカッションが行われました。各分野の最前線の専門家により、活発な議論が展開されました。とりわけ環境インフラの実効の上がる海外展開に向けては、協力対象国との有機的な協働によるコ・イノベーションの探求が不可欠であること、また民間セクターのリソースをどのように動員していくかなどについて有意義な意見交換が行われました。

開会挨拶 竹本 和彦 海外環境協力センター 理事長
発起人代表挨拶 加藤 三郎 環境文明研究所長
基調講演 「環境インフラの海外展開の更なる戦略的推進について」
高橋 康夫 環境省 地球環境審議官
パネル
ディスカッション
  • <パネリスト>
  • 藤田 壮 国立環境研究所 社会環境システム研究センター長/東京工業大学 先進エネルギー国際研究(AES)センター 特任教授
  • 武藤 めぐみ 国際協力機構 地球環境部長
  • 関 荘一郎 日本産業廃棄物処理振興センター 理事長
  • 福士 謙介 東京大学 国際高等研究所/サステイナビリティ学連携研究機構 教授
  • 河村 清史 元 埼玉大学大学院 理工学研究科 教授
  • 杉本 留三 環境省 地球環境局 国際協力・環境インフラ戦略室長

<モデレーター>竹本 和彦