活動について

緑の気候基金(GCF)へのアクセスについて -民間事業者向け-

緑の気候基金(Green Climate Fund: GCF)は国連機構変動枠組条約(United Nations Framework Convention on Climate Change:UNFCCC)に基づく資金供与の運営を委託された多国間基金であり、気候変動における世界的な目標の達成とその取組に対し、意欲的に貢献することを目的としています。特に気候変動に対して脆弱な開発途上国のニーズを考慮しながら温室効果ガス(Greenhouse Gas:GHG)排出を抑制・削減し、更に気候変動の影響に適応するように支援を行うことで、低排出且つ気候変動に強靭な社会につながるパラダイムシフトを目指し、活動が行われています。

今後、民間事業者によるGCFへの参画が期待される中、OECCでは環境省事業「平成29年度GCF(緑の気候基金)活用促進支援事業」において「緑の気候基金(GCF)へのアクセスについて -民間事業者向け-」を作成し、GCFの基本情報、アクセス方法、投資基準ならびに提案書作成の為の工夫と秘訣について取りまとめ、民間によるGCF活用を支援しています。

GCF Booklet 日本語版