3つの柱

世界の持続可能な未来に向けて

OECCは、国内外の環境開発協力に関する調査研究や能力開発等を通じて、世界の持続可能な社会の実現に貢献します。OECCは、幅広い会員間のネットワークの強みを活かし、開発途上国パートナーとの協働、アジア都市間協力の実績、環境開発協力を推進する政府機関や国際機関との協力関係を築いてきました。こうした活動経験と国内外の知的ネットワークをフルに活用し、海外環境開発協力分野における日本の中核的組織としての役割を果たします。

このため、①気候変動等地球環境問題への対応、②水・大気環境などの地域環境汚染問題への対応、③化学物質、資源循環・廃棄物問題、を3つの柱に位置付け、各分野で積極的な活動を展開していきます。

更新情報

News

2017/07/14 開催案内
OECC会員研修会「最近の国際場裡における環境を巡る議論 -G7、G20、国連ハイレベル政治フォーラム」を7月27日(木)15:30-17:00
(於:OECC会議室)で開催いたします。詳細はこちら
2017/07/12 中国環境
中国環境情報2017年6月号を掲載しました。
2017/07/04 お知らせ
OECCが資金スキームの構築・検討を支援した環境省「JCM設備補助事業」採択事業であるファームドゥ(株)のモンゴル国でのソーラーファームプロジェクトが紹介されました。
国際協力銀行(JBIC) プレスリリース(JBICウェブサイト)
モンゴリアンエコノミー(モンゴルの経済誌)2017年4月号(PDF-日本語仮訳)
【参考】ソーラーファーム技術(動画:Youtube)
「日立システムズ協創ビジネスfeaturing ファームドゥ様~農業ソリューション~」
2017/06/20 お知らせ
モントリオール議定書採択30周年及びHFC改正を記念したシンポジウム「地球のために、フロン対策」が、2017年6月17日(土)に、国連大学ウ・タント国際会議場で開催され、OECCは運営を支援しました。
2017/06/20 お知らせ
環境省は、Science Based Targets の策定及びサプライチェーン排出量の算定を行う企業を募集しています。サプライチェーン排出量算定に着手していない企業、その範囲を拡大したい企業、算定方法を変更したい企業などが対象です。 募集期間:平成29年6月16日(金)~7月7日(金) 詳細はこちら