3つの柱

世界の持続可能な未来に向けて

OECCは、国内外の環境開発協力に関する調査研究や能力開発等を通じて、世界の持続可能な社会の実現に貢献します。OECCは、幅広い会員間のネットワークの強みを活かし、開発途上国パートナーとの協働、アジア都市間協力の実績、環境開発協力を推進する政府機関や国際機関との協力関係を築いてきました。こうした活動経験と国内外の知的ネットワークをフルに活用し、海外環境開発協力分野における日本の中核的組織としての役割を果たします。

このため、①気候変動等地球環境問題への対応、②水・大気環境などの地域環境汚染問題への対応、③化学物質、資源循環・廃棄物問題、を3つの柱に位置付け、各分野で積極的な活動を展開していきます。

更新情報

News

2019/07/16 開催案内
第2回「アフリカのきれいな街プラットフォーム」全体会合の開催及び企業展示の募集について
詳細はこちら
2019/07/09 開催案内
「アフリカのきれいな街プラットフォーム(ACCP)」第2回全体会合を8月26日(月)~27日(火)に横浜で開催します。詳細は環境省の報道発表をご覧ください。
2019/06/17 お知らせ
6月16日(日)、長野県軽井沢町において開催されたG20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合において、原田環境大臣は、インドネシア環境林業大臣、タイ自然資源環境省事務次官や関係機関とともに、アジア太平洋気候変動適応情報プラットフォーム(AP-PLAT)の立ち上げを宣言しました。詳細はこちらをご覧ください。
2019/06/11 お知らせ
世界銀行グループは、2019年日本人職員(日本政府が支援するミッドキャリア)募集の一環として、新たにプラスチックごみなどの廃棄物処理および汚染管理プログラムを担当する上級環境エンジニアのポジション募集を開始しました。 詳しくはこちらをご覧ください。
2019/06/11 開催案内
(公財)国際エメックスセンターは、エメックス国際セミナー「持続可能な河口域・海域生態系の評価はどうするのか?」を7月17日(水)に開催します。 参加費無料、事前登録制(先着順)です。詳しくはこちらをご覧ください。