EVENT

イベント情報

ウェブワークショップ「黄砂と中長期予報及び長期変動」開催

日時 2021/09/30(木)10:30-13:30
対象 一般
概要

このたび、当センターが長年環境省のもとで事務局を務めている日中韓3カ国黄砂共同研究においてウェブワークショップを開催する運びとなりました。

本ワークショップでは、日中韓蒙の黄砂の研究者及び世界気象機関(WMO)砂塵嵐警戒評価システム(SDS-WAS)の研究者をお招きして、標題に関する最新の黄砂研究や今後の研究展開についての発表をいただきます。

発表後には視聴者とのQ&Aもございますので、黄砂の科学にご関心のある方には是非ご視聴・ご参加ください。

  • 日時:2021年9月30日(木) 10:30-13:30
  • 場所:オンラインにて開催(Webexの予定)
  • 言語:英語
  • 申込:要
  • 申込フォーム:https://forms.office.com/r/kzGRHZeWaH
開催主旨

2007年より黄砂は越境環境問題として、日中韓3カ国環境大臣会合の枠組みのもと、日中韓3カ国の研究者によって、黄砂の早期警戒システムに係るモニタリング及びモデリング、また黄砂発生源対策についての情報交換が行われてきました。
これらの実績のもと、近年では、気候変動の影響が広く議論される中で、東アジア地域の黄砂研究においても気候変動が黄砂に与える影響についての議論が開始されています。
このような背景のもと、世界中の黄砂研究者や専門家を招待し、最新の黄砂研究を共有するとともに、中長期予報と長期変動に関連する黄砂研究の現況と将来の展望について議論するためのワークショップを開催します。
本ワークショップでは、気候変動を考慮した水資源や生態系を含む将来的な黄砂現象への影響に関する基調講演や、中国、日本、韓国、モンゴル、WMOから招聘された研究者による黄砂・砂塵嵐の長期変動に関する研究発表を予定しており、発表セッションの後には、視聴者とのQ&Aも予定されておりますので、黄砂の科学にご関心のある方に広くご視聴・ご参加いただけますと幸いです。
現時点でのワークショップアジェンダ
また、プログラムの詳細等については、申込みフォームでご登録いただいたメールアドレスと事務局であるOECCのウェブサイト(https://www.oecc.or.jp/)に追って掲載いたします。

問合せ先
一般社団法人海外環境協力センター
temm.dss.outreach [at mark] oecc.or.jp
*メールアドレスの[at mark]は置き換えてください。そのままで記載しても送付できませんのでご注意ください。