採用情報


1.  主任研究員<気候変動・環境管理(国際)>
一般社団法人海外環境協力センターでは、環境分野の国際協力(途上国支援)において、政策的・技術的な側面から将来のリーダーシップの発揮する専門家を目指す職員を募集いたします。当センターでは、業務実施の中心的役割を担い、適格な判断を行える人材を求めています。
 

採用人数 若干名
採用職種 主任研究員<気候変動・環境管理(国際)>(原則、契約職員としてキャリアをスタートします。)
業務内容 1. 気候変動問題・環境管理及びその他の環境関連の国際協力に関する政府委託事業等の運営実施業務
2. 社団活動に関する業務及び付帯業務
学・職歴 大学院修士修了、もしくは同等の知識あるいは経験を持つ者。経験年数10年程度を想定。
条件 1. 気候変動もしくは水・大気汚染・廃棄物問題等の環境問題について背景知識がある、もしくは知識を身に付ける意欲を持つこと。
2. プロジェクト・チームのとりまとめ経験を有すること、かつ協調性と共にサーバントリーダシップを有し経験のない分野であってもチームを目標に向かってリードできることが望ましい。
3. 官公庁および独立行政法人関連の業務知見を有する、またはそれを身につける意欲を持つこと。
4. 開発途上国におけるプロジェクト開発・実施に関連する職務経験があること、もしくは知識を身に付ける意欲を持つこと(プロジェクトの財務・経済分析の職務経験があれば好ましい)。
5. 国内外の機関との共同作業が円滑に実施できるコミュニケーション能力、調整作業を行うスキルがある、または、それを身に付ける意欲を持つこと。
6. 業務に応じて、日本国内および外国への出張が可能であること。
7. 作業文書・報告書等の作成、文献等の調査、会議の参加及び外国の団体と業務上の連絡が可能であること(日本語および英語での業務実施が可能であること)。
8. プロジェクトマネジメント等、業務実施に必要な知識のあることが望ましい。
採用時期 令和2年2月頃(勤務開始時期は応相談。試用期間6ヶ月)
勤務地 (一社)海外環境協力センター(東京都台東区台東)
勤務時間 9:30から17:30(12:30から13:30 休憩)
ただし、業務の実施状況によって時間外勤務等が発生する場合があります。
休日 土曜日及び日曜日、国民の休日、年末年始
有給休暇 20日(年間)
給与 規程により支給
通勤手当 規程により支給
保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金加入
応募方法 ① 履歴書、② 職務経歴書(国際会議出席・出張等の経験がある場合は詳細を別紙として添付)、
③ 自己申告書(A4用紙1枚以内)、④事前課題(小論文(日本語・A4×2ページ以内、題目:パリ協定以降の開発途上国における気候変動対策の在り方について))
上記①~④を「主任研究員<環境・気候変動(国際)>」と明記の上、郵送又はメールにてご応募ください。なお、提出書類は原則として返却いたしません。自己申告書については、書式自由ですが志望動機、抱負、特に関心のある業務内容について必ず言及してください。
応募締切 定員になり次第締切
選考 書類選考の結果、第二次選考(面接試験等)を行います。
応募申込
お問い合わせ
一般社団法人海外環境協力センター 総務部 緒方
〒110-0016 東京都台東区台東4-19-9 山口ビル7 7階
TEL:03-5812-4014 FAX:03-5812-4015
E-Mail:bosyu_gyomu@oecc.or.jp
ダウンロード PDFはこちら

 

2.  研究員<気候変動・環境管理(国際)>
一般社団法人海外環境協力センターでは、環境分野の国際協力(途上国支援)において、政策的・技術的な側面から業務を実施し、将来専門家やリーダーを目指す職員を募集いたします。当センターでは、業務実施に主体的かつ柔軟性をもって取組み、スキルアップに積極的な人材を求めています。
 

採用人数 若干名
採用職種 研究員<気候変動・環境管理(国際)>(原則、契約職員としてキャリアをスタートします。)
業務内容 1. 気候変動問題・環境管理及びその他の環境関連の国際協力に関する政府委託事業等の運営実施業務
2. 社団活動に関する業務及び付帯業務
学・職歴 大学院修士修了、もしくは同等の知識あるいは経験を持つ者。経験年数3~5年程度を想定。
条件 1. 気候変動やエネルギー問題等について背景知識がある、もしくは知識を身に付ける意欲を持つこと。
2. プロジェクト・チームにおいて、チーム目標と与えられた業務実施事項(TOR)を基に、主体的に業務を実施すること。
3. 官公庁および独立行政法人関連の業務知見を有する、またはそれを身につける意欲を持つこと。
4. 開発途上国におけるプロジェクト開発・実施に関連する職務経験があること、もしくは知識を身に付ける意欲を持つこと(実務もしくは大学院等で政策や財務・経済分析を行ったことがあればなお良い)。
5. 国内外の機関との共同作業が円滑に実施できるコミュニケーション能力、調整作業を行うスキルがある、または、それを身に付ける意欲を持つこと。
6. 業務に応じて、日本国内および外国への出張が可能であること。
7. 作業文書・報告書等の作成、文献等の調査、会議の参加及び外国の団体と業務上の連絡が可能であること(日本語および英語での業務実施が可能であること)。
採用時期 令和2年2月頃(勤務開始時期は応相談。試用期間6ヶ月)
勤務地 (一社)海外環境協力センター(東京都台東区台東)
勤務時間 9:30から17:30(12:30から13:30 休憩)
ただし、業務の実施状況によって時間外勤務等が発生する場合があります。
休日 土曜日及び日曜日、国民の休日、年末年始
有給休暇 20日(年間)
給与 規程により支給
通勤手当 規程により支給
保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金加入
応募方法 ① 履歴書、② 職務経歴書(国際会議出席・出張等の経験がある場合は詳細を別紙として添付)、
③ 自己申告書(A4用紙1枚以内)、④事前課題(小論文(日本語・A4×2ページ以内、題目:パリ協定以降の開発途上国における気候変動対策の在り方について))
上記①~④を「研究員<気候変動・環境管理(国際)>」と明記の上、郵送又はメールにてご応募ください。なお、提出書類は原則として返却いたしません。自己申告書については、書式自由ですが志望動機、抱負、特に関心のある業務内容について必ず言及してください。
応募締切 定員になり次第締切
選考 書類選考の結果、第二次選考(面接試験等)を行います。
応募申込
お問い合わせ
一般社団法人海外環境協力センター 総務部 緒方
〒110-0016 東京都台東区台東4-19-9 山口ビル7 7階
TEL:03-5812-4014 FAX:03-5812-4015
E-Mail:bosyu_gyomu@oecc.or.jp
ダウンロード PDFはこちら