3つの柱

世界の持続可能な未来に向けて

OECCは、国内外の環境開発協力に関する調査研究や能力開発等を通じて、世界の持続可能な社会の実現に貢献します。OECCは、幅広い会員間のネットワークの強みを活かし、開発途上国パートナーとの協働、アジア都市間協力の実績、環境開発協力を推進する政府機関や国際機関との協力関係を築いてきました。こうした活動経験と国内外の知的ネットワークをフルに活用し、海外環境開発協力分野における日本の中核的組織としての役割を果たします。

このため、①気候変動等地球環境問題への対応、②水・大気環境などの地域環境汚染問題への対応、③化学物質、資源循環・廃棄物問題、を3つの柱に位置付け、各分野で積極的な活動を展開していきます。

更新情報

News

2019/04/23 採用情報
環境管理ならびに気候変動(国際)に携わる契約職員を募集します。 引き続き、国際環境協力に携わる契約職員も募集しています。 詳しくはこちら
2019/04/05 発行案内
OECC会報第86号 特集 G20サミットに向けた日本の取組 を掲載しました。
2019/03/11 調達情報
OECCは、平成31年度の外国出張等の航空券手配業務当を依頼する旅行代理店を公募いたします。また、業務内容説明会を3月15日(金)16:00から開催いたします。公募要領はこちらをご参照ください。
2019/02/21 ニュース
OECC藤塚事務局長がケニア環境林業省大臣と河川の水質改善に関して対談しました。ケニア環境林業省ホームページ(英語)
2019/02/19 ニュース
浄化槽等の海外展開を促進するために、ケニア政府と共催で「ケニア・日本浄化槽テクニカルセミナー」を開催しました。ケニア環境林業省ホームページ(英語)