EVENT

ニュース

イベント一覧

イベント

一般向け

地球環境分野

第3回橋本道夫記念シンポジウム「脱炭素化社会実現に向けた海外環境開発協力の展望」

日本においては、昨年10月菅総理が「2050年カーボンニュートラル」を宣言して以降、気候変動対策の推進に拍車がかけられており、本年4月日本政府は、これまでの中期削減目標の2013年度比26%削減から46%削減へと引き上げる方針を世界に向けて公約しました。また産業界においても、「環境と経済の好循環」を旗印に様々な取組が展開されています。 一方米国ではバイデン政権の下、「パリ協定」への復帰を果たし、また、主要排出国の首脳らが参加する「気候変動サミット」を主催し、世界の脱温暖化に向けた取組推進をリード […]

イベント

その他

会員向け

地球環境分野

地域環境分野

資源循環・廃棄物・科学物質対策

技術・研修部会及び広報部会合同企画 OECC会員向けリモートセミナー

テーマ: 日本・インドネシア環境ウィークイベントの成果について 講師: 環境省地球環境局国際連携課 国際協力・環境インフラ戦略室長 杉本 留三氏 JICA専門家 インドネシア環境林業省 辻 景太郎氏 ビジネスマッチング等に参加された会員

イベント

その他

一般向け

資源循環・廃棄物・科学物質対策

第9回 OECC/SuSPCA 合同セミナー「海洋プラスチックゴミ問題と廃棄物管理」

プラスチックゴミによる海洋等の環境汚染が国際的に問題となり、EUでは使い捨てプラスチックゼロに向けた「プラスチック戦略」の策定などの取り組みが進められ、日本においても「プラスチック資源循環戦略」が策定されるとともに、昨年、大阪で開催されたG20サミットではG20海外プラスチックゴミ対策枠組実施作られるなど、海洋プラスチックゴミ問題に対応する対策と廃棄物管理が大きく進展しています。 これを背景として、(一社)海外環境協力センター(OECC) と (一社)持続可能社会推進コンサルタント協会(SuSP […]

イベント

一般向け

地球環境分野

地域環境分野

資源循環・廃棄物・科学物質対策

日本・タイ環境ウィーク

環境省では、2017年度にミャンマーで「日・ミャンマー環境ウィーク」、2018年度にベトナムで「日・ベトナム環境ウィーク」を開催してきました。今年度は、来る1月14-16日にタイのバンコクで「日・タイ環境ウィーク」を開催することとしており、OECCはその事務局をつとめています。1月15~16日の公開セミナー及び企業展示等について、参加者・展示出展者を募集しています。詳しくはこちら。

イベント

一般向け

資源循環・廃棄物・科学物質対策

水銀に関する水俣条約記念フォーラム2019

環境省では、平成25年の水銀に関する水俣条約の採択以来、条約を記念する行事を熊本県、水俣市と共同で開催してきました。今年度は、12月21日(土)に熊本県水俣市にて「水銀に関する水俣条約記念フォーラム2019」を開催いたします。参加無料、事前申込制です。

イベント

一般向け

地球環境分野

資源循環・廃棄物・科学物質対策

「G20報告公開セミナー:G20を契機とした環境政策の将来展望」~G20で何が決まったか、我が国の今後の取り組みは?~

OECCは、環境省及び国連大学サステイナビリティ高等研究所と共同して、令和元年8月7日(水)に「G20報告公開セミナー:G20を契機とした環境政策の将来展望」を開催しました。 本年6月に日本で開催された「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」及び「G20大阪サミット」においてG20各国と議論された、持続可能な社会の実現に必要となるイノベーションや海洋プラスチックごみ対策などを取り上げ、G20の成果について、最前線で取り組んでこられた環境省の担当官より報告するともに、 […]

イベント

一般向け

地球環境分野

第2回橋本道夫記念シンポジウム「気候変動適応策の国際展開:G20サミットを視野に」

気候変動適応策について我が国は、昨年2月に「気候変動適応法」を制定し、同年11月には「気候変動適応計画」を閣議決定しました。また国内の適応情報ネットワークを整備するとともに、アジア太平洋地域における適応策を総合的に展開するため、「アジア太平洋気候変動適応情報プラットフォーム」(AP-PLAT)の2020年の本格稼働を目指し、準備が加速しています。 今回のシンポジウムでは、本年6月に日本で開催されるG20サミットを視野に、気候変動分野で今後さらに発展が期待される気候変動適応策を中心に、その国際展開 […]

イベント

その他

一般向け

資源循環・廃棄物・科学物質対策

第8回廃コン協/OECC合同セミナー 「プラスチックをめぐる動きと廃棄物分野の国際協力」

プラスチック廃棄物による海洋環境汚染問題が国際的問題となると主に、中国によるプラスチック廃棄物の輸入禁止措置、EUによる使い捨てプラスチックゼロに向けた「プラスチック戦略」の策定など、プラスチックをめぐる様々な取り組みが進められています。日本においても「プラスチック資源循環戦略」の策定に向け検討が進められています。 これらの取り組みは、国際的な資源循環の流れやその内容に大きな変化をもたらすとともに、開発途上国における廃棄物分野の国際協力についても、今後十分留意していかねばならない問題といえます。 […]