member

活動について

会員活動一覧

イベント

その他

OECC会員研修会「最近の国際場裡における環境を巡る議論 ーG7、G20、国連ハイレベル政治フォーラム」

最近、「環境」は、国際政治の場においても重要なアジェンダとして取り上げられています。イタリアで開催されたG7をはじめ、G20ハンブルグサミット(2017年7月)、国連ハイレベル政治フォーラム(同7月)等、様々な場で「環境」がどのように議論されているか、環境省担当官をお迎えして、ご説明いただきます。

イベント

その他

OECC国内研修 「国内外における3Rと廃棄物処理の理解の一体化に向けて」 

3R(Reduce, Reuse, Recycle)の概念が限られた資源の有効利用を進めるという大局的視点から議論される一方で、これと深い関連を持つ廃棄物処理の問題は最終処分場の確保の困難性からの最終処分量の減量効果を除けば、その関連性が議論されることは限られてきました。 一般廃棄物の生薬処理についてインドネシア、フィリピンなどにおいて理解が進みつつある一方で、開発途上国の廃棄物組成は有機性ゴミが大半を占めていることから、資源の有効利用あるいは気候変動対策として近年その一層の利用を推進することと […]

イベント

その他

OECC研修会「平成26年度国際環境協力 予算説明会(外務省、環境省、JICA)

平成27年度の国際環境協力に係る予算方針について、環境省、JICAから地球環境部の担当官をお呼びして予算(概算要求)の説明をしてもらう機会を設けました。また、アジア開発銀行駐日代表事務所から、案件組成、調達情報、環境関連業務等についてご説明いただけることになりました。  質問、あるいは説明に際して具体的な要望等があれば、事前に講師に連絡いたします。 皆様の参加をお待ち申し上げております。

イベント

その他

OECC研修会「インドネシア国環境省環境アドバイザー 帰国報告会」

インドネシアは、日本との環境協力の歴史が古く、現在においても最も活発な国の一つです。多くの会員の皆様も様々なプロジェクトを実施してきた実績をお持ちのことと思います。 この度、日本国環境省からインドネシア国に環境分野政策アドバイザーとして派遣されていた筒井誠二氏(現環境省水・大気環境局除染渉外広報室)帰国に際し、報告会を下記のとおり開催いたしますのでご案内いたします。 同報告会には、次期派遣予定の塚田源一郎氏も参加いたします。政策アドバイザーの任務・業務をはじめ、インドネシア環境を巡る最新の動向を […]

イベント

その他

OECC研修会「速報!COP21(フランス・パリ) 報告会」

2015年11月30日~12月11日、国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)がフランス・パリで開催され、先進国・開発途上国における緩和行動、開発途上国への支援等に関する2020年以降の新たな国際枠組みが決定される予定です。 日本政府は、気候変動緩和のための取組として、開発途上国への優れた低炭素技術等の普及を促進する二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism)を積極的に進めています。 温暖化政策に係る国際協力事業を推進してきた海外環境協力センターは、CO […]

イベント

その他

OECCセミナー「廃棄物分野の国際展開」

急激な経済成長、都市化、工業化によるゴミ排出量の増大、管理制度や処理技術の未整備等、発展途上国は廃棄物問題に直面しています。 日本は、様々なODAの支援スキームを用いながら、発展途上国の廃棄物管理向上に向けて支援を続けてきました。また最近は、環境省が、廃棄物処理技術をはじめとする循環産業を海外に展開させる民間ビジネスの支援を開始しています。この度、環境省、JICAが取り組む環境循環型社会を発展途上国に普及させるための方針をはじめ、事例研究として、島嶼国、中国、バングラデシュでの個別案件をとりあげ […]

イベント

その他

OECC研修会「平成28年度国際環境協力に係る環境省の予算方針」

環境省の平成28年度国際環境協力に係る予算方針について、環境省地球環境局、水・大気環境局、廃棄物リサイクル部から担当官をお呼びして予算(概算要求)の説明をしていただく機会を設けましたのでご案内いたします。 質問、あるいは説明に際して具体的な要望等があれば、事前に講師に連絡いたします。皆様の参加をお待ち申し上げております。