OECCについて

ポストコロナ勉強会(第1期)の活動について

2020年7月
一般社団法人 海外環境協力センター

1. 背景

新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)は、多数の犠牲者を出しているほか、大規模かつ中長期の社会的・経済的影響をもたらしています。また、環境やエネルギー、開発の分野においての影響も多分にあるとみられ、今後、OECCが参画する環境開発協力の分野における取組のあり方そのものも大きく変わる可能性が高いと考えられています。

これらに対する影響は、現状においては全体像が把握できていないものの、様々な国際機関、研究機関等がその影響について分析を試みており、次々に報告書などが発表されつつあります。また国際援助機関などドナーを中心に、当面の緊急対策と、新型コロナウィルス感染拡大からの一定の収束後の回復に向けた世界のあり方について、議論が行われている状況です。

これらの状況を踏まえ、OECCとしても今後の海外環境開発協力への取り組み方などについて、当面下記のような問題意識の下、所内有志を中心としたワーキング・チームを設置し、5月27日~6月24日までの間6回にわたる集中的な検討を行うための勉強会(以下「ポストコロナ勉強会」(第1期)という。)を開催しました。

  • ポストコロナの世界はどのようにあるべきか、そのためにどのような取組を推進していくべきか(例えば、脱炭素社会の構築や持続可能な目標(SDGs)達成をする社会のかたち、またそれに向かう道筋は?)。
  • OECCが取組む根本的命題である開発途上国の持続可能な開発への影響、またそれらへの協力や支援のあり方はどのようなものか。
  • パートナーである開発途上国の復興に向けたプランはどのようなものか。それに向けて何ができるのか。

上記問題意識に示す大きな課題に対する解決策を短期間に導き出すことは困難であることから、第1期の活動は初めのステップとして事実の把握と情報の整理を中心とし、結論として下記の考察をとりまとめました。この結果を踏まえたうえで次の段階に進めていくこととしました。

「ポストコロナの時代における海外環境開発協力のあり方の考察」(勉強会第1期の結論)

2. ポスト・コロナ勉強会の概要

(1) 勉強会の獲得目標

ポストコロナ勉強会(第1期)の獲得目標は以下としました。

  • (ア) 新型コロナウィルスの感染拡大からの一定の収束後、そこからの回復がもたらす社会・経済、特に環境・エネルギー等の分野に与える影響について、最新の動向を取り上げ、理解を深める。(影響の理解)
  • (イ) 新型コロナウィルス感染拡大からの一定の収束後における、各国政府・機関・団体(企業を含む)の対応について、発信された情報に基づき、理解を深める。(対応の理解)
  • (ウ) 新型コロナウィルス感染拡大からの一定の収束後の世界における、OECCの海外環境開発協力への取り組み方についても検討を行う。(OECCの対応の初歩的な検討)

短期・中期・長期の影響、対応の理解のサマリーと、踏み込んで検討を進めていく論点についての洗い出しをアウトプットとしました。

(2) 検討対象(第1期)

第1期において検討の対象とする資料は、原則既存公表資料を基に、以下の検討を行いました。

  • (ア) 各国政府、国際機関等から発信をされている分析報告書の概要
  • (イ) 各国政府、国際機関、団体等から発信をされているイニシアチブについての概要
  • (ウ) (ア)・(イ)から得られる示唆を基に、OECCの組織の在り方や海外環境開発協力への取り組み方について、論点を抽出し、初歩的な検討を行う(踏み込んだ検討については第2期以降に行う予定)。
(3) ワーキング・チーム

本勉強会をリードする中核メンバーから構成されるワーキング・チーム(WT)を設置しました。WTは、所内有志がチームメンバーとして参加しました。また、加えて外部有識者(アドバイザー)も迎え検討を行いました。

  • ワーキング・チーム(WT)メンバー(敬称略)
  • 竹本 和彦
  • 大村 卓
  • 加藤 真
  • 松藤 祐介
  • 林 やよい
  • 中島 力
  • 外部有識者(アドバイザー)(敬称略)
  • 増田 大美(国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS))
  • 森田 香菜子(国立森林総合研究所、UNU-IAS)
(4) 勉強会開催の実績
  • 5月27日(水)
テーマ リソース
(1)影響分析  
①国連における動き 国連本部、SDSN、UNDP等の動き
②世界経済影響について IMF報告書
  • 6月5日(金)
テーマ リソース
(1)影響分析  
③アジア各国への経済影響 ADB報告書
④エネルギー分野への影響 IEA報告書
  • 6月11日(木)
テーマ リソース
(2)各国ドナー、各機関の動き  
①二国間ドナー/開発途上国の動き GIZ、欧州委員会等
  • 6月17日(水)
テーマ リソース
(2)各国ドナー、各機関の動き  
②多国間ドナー・研究機関の動き IIASA, IGES, OECD
③サブナショナルファイナンス・自然との共生(nature-based solutions) ICLEI、その他
  • 6月18日(木)
テーマ リソース
(3)中間とりまとめ準備  
  • 6月24日(水)
テーマ リソース
(3)中間とりまとめ報告